名古屋糖尿病相談室
監修医院:小早川医院

  • 名古屋市昭和区前山町1-19
  • ご予約・お問い合わせ 052-752-0800

尿が泡立つ

糖尿病で尿が泡立つ原因

血糖値が高くなる(おおむね160mg/dl以上)と、尿にブドウ糖が排泄されるようになります。これ「尿糖」と言います。尿糖が多くなると尿の粘り気(粘稠度)が増すため、尿をしたときに泡立ちが目立つようになります。

糖尿病以外に考えられる原因

糖尿病以外でも、以下のような尿の粘稠度が高くなるような状態では尿が泡立ちます。

  • 腎臓の病気で尿に大量の蛋白が排泄されている場合
  • 白血病や多発性骨髄腫などの血液の病気で血液中の蛋白が異常に増加した結果、尿にも蛋白が大量に排泄されている場合
  • 夏場や運動後に発汗量が増えている時、あるいは冬場の乾燥している時に皮膚からの水分の蒸発量が増えている時に水分摂取量が不足していると、脱水ぎみとなって尿が濃くなり粘稠度が増します。

尿の泡立ちが頻繁に見られるようになったら、糖尿病など何らかの原因で尿の粘稠度が増している可能性が考えられます。
もし糖尿病が原因で尿が泡立っている場合、すでに血糖値がかなり高い状態になってしまっていることが想定されます。
少しでも気になることがあれば、早急に医療機関で血糖値や尿糖を測定してもらいましょう。

pagetop