院長ブログ

2015.05.29

腸内細菌と健康・・その1

腸内には、健康に良い影響を及ぼす善玉菌、悪い影響を及ぼす悪玉菌、状況により善玉菌にも悪玉菌にもなりうる日和見菌の3種類が存在します。このうち、悪玉菌の勢力が強くなりすぎると、様々な健康問題が生じます。善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌が作る乳酸と酢酸は強い殺菌力を持っており、悪玉菌の増殖を抑制します。これが腸の動きを改善させ、下痢や便秘を防いでくれるのです。一方、ビフィズス菌とともに善玉菌の代表として語られることの多い乳酸菌ですが、腸内では主にビフィズス菌のサポート役であり、ビフィズス菌が生息しやすい環境を作り出す役割を担っています。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop