院長ブログ

2011.12.18

健康長寿のための糖質制限(低炭水化物)食・・その1

当院では、糖尿病、メタボリック症候群、脂質異常症、肥満の食事療法として糖質制限(低炭水化物)食に力を入れています。この方法は従来の総カロリーを制限する食事療法に比べて血糖・肥満度・脂質の改善に関しては有利であることは明らかになっています。
この方法の安全性に関する重要な研究結果が、昨年秋にハーバード大学から報告されました。その内容は「動物性脂肪・蛋白質を中心とした糖質制限(低炭水化物)食では、通常のカロリー制限食に比べて総死亡、脳卒中や心臓病による死亡、および癌による死亡が増加したが、植物性脂肪・蛋白質を中心とした糖質制限(低炭水化物)食では総死亡、脳卒中や心臓病による死亡は減少し、癌による死亡は同等であった。」というものでした。この結果は、安易な糖質制限に警鐘を鳴らすものでありました。糖質制限(低炭水化物)食で血糖・脂質・肥満が改善したとしても、寿命が縮まってしまっては意味がないわけです。そこで、摂取する脂肪・蛋白質の内容が問題になってきます。
現代の食生活では、糖質を制限して、その分脂肪や蛋白質の摂取量を増やすという食事療法を行った場合、どうしても肉食が増え、摂取する脂肪の内容が動脈硬化を促進させる方向(すなわち、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が増える方向)に偏りがちです。
当院では、単に炭水化物を制限して、脂肪・蛋白質の摂取量を増やすというだけでなく、その脂肪・蛋白質が動物性のものに偏らないような栄養指導を心がけています。植物性脂肪・蛋白質を十分に摂取し、動物性脂肪・蛋白質についても、肉と魚のバランスが取れた糖質制限(低炭水化物)食の確立が最終的な目標です。それは、単に糖尿病やメタボリック症候群の食事療法にとどまらず、一生を通じて実践できる、健康長寿のための食習慣と言えるものになると思います。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop