院長ブログ

2012.01.06

糖尿病と癌・・・その2

前回(1月4日)のブログで、糖尿病自体が発癌のリスクを高めるというお話をしました。今回は、糖尿病治療薬と癌の関係についてお話ししたいと思います。

現在、糖尿病治療に使われている薬としては、次のようなものがあります。

経口薬: SU剤、グリニド系、チアゾリジン系、αグルコシダーゼ阻害薬、DPPⅣ阻害薬

注射薬: インスリン、GLP-Ⅰ受容体作動薬

最近、海外でこれらの薬剤と癌の関係を明らかにする大規模研究が次々と行われ、その結果ビグアナイド系の一部のみが癌のリスクを低下させ、その他の薬剤は癌のリスクを増加させるかあるいは不変という結果が出ています。中でもSU剤と長時間作用型インスリンは癌のリスクを大幅に上昇させることが明らかになっています。DPP-Ⅳ阻害薬と膵癌の関連も指摘されています。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop