院長ブログ

2012.03.20

糖尿病コントロールの指標 HbA1c の国際標準化・・その2

(3月18日のブログより続く・・)
HbA1cの国際標準化に伴って、糖尿病コントロールの基準も以下のように変わってきます。

HbA1c(国際標準値)コントロール状態
        6.1以下       優
                     6.2~6.8       良
                     6.9~8.3       可
        8.4以上       不可

この基準で、優か良の状態を保っていれば、糖尿病の3大合併症(腎症、網膜症、神経障害)が起こる可能性は非常に低いと言えます。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop