院長ブログ

2012.04.29

プラセンタのツボ注射・・・脊柱管狭窄症・耳鳴でお悩みの方へ

当院では、通常の西洋医学的治療法でなかなか改善の見られない諸症状に対し、プラセンタ注射をお勧めしています。通常は、皮下や筋肉内に注射しますが、あまり改善が見られない時には、より優れた効果が期待できる「ツボ注射」を行っています。ツボ注射では、鍼灸治療で使用する経穴(=いわゆる「ツボ」)にプラセンタを注入します。

プラセンタのツボ注射は整形外科的疾患の疼痛に特に有効で、皮下注射や筋肉注射では効果が少ない、脊柱管狭窄症に伴う腰痛、下肢痛、下肢のしびれなどに効果が認められるほか、耳鳴、気管支喘息などにも効果が期待できます。週1回程度の治療を1~3ヶ月程度、根気強く続けていただくと、徐々に症状が軽減してくることが多いようです。

他の治療がなかなか効かない脊柱管狭窄症や耳鳴り・めまいなどでお悩みの方は、是非ご相談ください。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop