院長ブログ

2013.02.02

花粉症対策(その2)・・・乳酸菌

乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌の摂取によって腸内細菌のバランスを改善し、アレルギーや花粉症の症状の緩和に役立てる研究がおこなわれ、その関連性が注目されています。

実際、ヨーグルトを花粉症患者に摂取させた実験で、花粉症の症状が改善されたという報告があり、乳酸菌の免疫調節のメカニズムについては、現在も解析が続いています。 

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品を食べるか、胃酸に耐えて腸にまで到達することのできる「胞子」の状態の乳酸菌(有胞子乳酸菌)のサプリメントを服用するのが良いでしょう。
但し、腸内環境は人によって異なるため、自分に合うタイプの乳酸菌を見つける必要があります。ヨーグルトやキムチの銘柄を変えてみる、いろいろなメーカーのサプリメントを服用して見るなどの工夫が必要です。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop