院長ブログ

2013.10.15

高齢の方や糖尿病の方に肺炎球菌ワクチンをお勧めします

23価肺炎球菌ワクチンは、1回の接種で肺炎球菌の23種類の型に対して免疫をつけることができます。現在90種類以上の肺炎球菌の型が報告されていますが、この23種類の型で成人の肺炎球菌による感染症の80%以上がカバーできます。しかし、免疫が未熟な乳幼児では、多糖体を有効成分としたこのワクチンでは必要な免疫反応を引き起こすことができません。

接種対象者は、2歳以上で肺炎球菌による重い疾患にかかる危険が高い次のような人です。個人差がありますが、1回の接種で5年以上の効果が期待できます。

・高齢者 (65歳以上の方は名古屋市の補助が受けられます。)
・脾臓の摘出手術を受けた人(保険適用あり)
・鎌状赤血球疾患、その他脾臓機能不全である人
心疾患・呼吸器疾患の慢性疾患、腎不全肝機能障害糖尿病、慢性髄液漏等の基礎疾患がある人
・免疫抑制の治療を予定されている人(治療まで14日以上余裕のある人)

なお、初回接種から5年以上経過した肺炎球菌による重い疾患にかかる危険性が極めて高い方やワクチンによる抗体濃度が急激に低下する可能性のある方は、再接種の対象者となっています。ただし、1回目に注射した後、5年以内に再接種をした場合は、注射した部分が硬くなる、痛む、赤くなるなどの症状が強く出ることがあるので、再接種の際は必要性を考慮し十分な間隔を空けるなど注意が必要です。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop