院長ブログ

2015.05.23

糖尿病の食事療法に関する院長のコメントが週刊文春に掲載されました

糖尿病で治療中の方の食生活について、週刊文春の取材を受けました。今週発売された週刊文春の5月28日号にその記事が掲載されましたので、関連部分を引用します。

〈引用開始〉
『食生活の新常識』

落花生は(糖尿病の)予防だけでなく、すでに治療現場でも活用されている。落花生による食事指導を実践しているのが名古屋市「小早川医院」の小早川裕之院長だ。
「糖尿病治療のため、糖質制限食を実践している患者さんに落花生をおやつ代わりに食べることをオススメしています。腹持ちがよいうえに糖質が少ないですから、血糖値の上昇を最小限に抑えられます。」
落花生は糖尿病の合併症予防にも効果があるという。
「落花生はオレイン酸という良質な脂肪酸を多く含んでいます。糖尿病の三大合併症とされるのは腎障害、網膜症、神経障害です。これらは血糖値を抑えればコントロールできる。問題はこれ以外の動脈硬化などに由来する大血管合併症です。これは血糖値を抑えるだけでは防げませんが、オレイン酸は動脈硬化予防に効果的です。」
血糖値を低下させるインスリン合成に重要な役割を持つのが亜鉛である。
「亜鉛はインスリン合成に不可欠です。ところが糖尿病患者さんは、尿中の亜鉛の排泄量が増加するため、亜鉛が欠乏する傾向にあります。そのため亜鉛を補給することが必要になるのです。牡蠣に多く含まれるほか、イカやカニなどの魚介類、牛肉などにも多く含まれています。」
〈引用終了〉

今回は記事の構成上、ナッツの代表として落花生が取り上げられましたが、ナッツならどの種類でもよいと思います。ナッツは良質な脂肪酸(アルファリノレン酸、オレイン酸)を豊富に含み、腹持ちがよく、かつ糖質が少ない食品であることは、当院の糖質制限食の栄養指導における重要なポイントとなっています。
また、記事では亜鉛を食品から補給するというニュアンスになっていますが、実際には糖尿病で亜鉛が欠乏している方では食事だけではなかなか十分に補給ができないことが多いので、亜鉛を含有する薬やサプリメントをお勧めすることが多いのが現状です。

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop