院長ブログ

2014.10.29

糖尿病予備軍でも癌のリスクが増える!

①空腹時血糖100~125mg/dL ②糖負荷試験2時間値 140~199mg/dl HbA1c5.7~6.4% のいずれかに該当する状態を前糖尿病と言います。(いわゆる糖尿病予備軍ですね) 
最近、中国の研究者たちが約90万人の人を対象にして調査を行ったところ、前糖尿病全体ではのリスクが15%も上昇することがわかりました。上記の①に当てはまる人では49%、②に当てはまる人では25%の癌のリスクの上昇が示されました。
癌の種別では肝癌>胃・大腸癌>子宮癌の順でリスクが上昇することがわかりました。肺癌、前立腺癌、卵巣癌、腎癌、膀胱癌に関しては統計学的に意味のあるリスクの上昇は見られませんでした。

最近、糖尿病の患者さんで癌のリスクが上昇するという報告が相次いでいましたが、この研究では前糖尿病と癌の関連が初めて明らかにされたわけです。「境界型糖尿病」、「糖尿病予備軍」と言われている人は、まだ糖尿病になっていないからと言って甘く見てはいけませんね!

投稿者: 小早川医院様


SEARCH



  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop