スタッフブログ

2022.10.24更新

10月の芸術療法の様子

10月の芸術療法では北欧親しまれている装飾品であるヒンメリを作りました。

ヒンメリとは、発祥とされているフィンランドで “幸せを願う光のモビール” として、暗く寒い冬に飾るクリスマス時期のインテリアとして飾られるそうです。

最近ではNHKの「世界は欲しいモノにあふれている」という番組でも紹介されていたようで(番組内ではラトビアの”プズリ”として紹介されていました)ヒンメリをご存知の参加者さんもいらいっしゃいました。

本来、ヒンメリはライ麦の藁を用いて作りますが、今回のプログラムでは手に入りやすく、そして扱いやすい紙ストローで代用してヒンメリを制作しました。

ヒンメリは展開図を元に、紙ストローに刺繍糸を通して形作っていきます。

 

ヒンメリの基本形である正八角形やダイヤ、星を作りました。

ヒンメリ作りはコツを掴むまでは難しい箇所もありますが…

やり方が一度分かると大きさを変えて作ってみたり、違う形に挑戦されたり…たくさんのヒンメリを作られている方が多かったです。

そして皆さん、とても集中されて黙々と作業されていたのが印象的でした。

作ったヒンメリをそれぞれ繋げたり、中に入れたり、タッセルをつけたり…

皆さん、思い思いのヒンメリを作ることができました。

ヒンメリは窓辺に飾ると僅かな風でもユラユラと動いて作品そのものは勿論、作品の影も一緒に楽しむことが出来ます。

これから日本にも冬がやってきますが、是非ヒンメリを窓辺に飾って冬の晴れ間を楽しんでみてくださいね。

 

芸術療法は月に2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

 

 

2022.10.11更新

9月の芸術療法の様子

9月の芸術療法では外部から講師の方をお招きし、大きな松ぼっくりを用いてポップなフクロウを制作しました。

松ぼっくりにアクリル絵の具で鮮やかなペイントをしたり…

ダンボールやワイヤーを利用して、フクロウの目や羽、足などを作りました。

鮮やかな色味の素敵なフクロウ達がたくさんできあがりました。

まるで大空を飛んでいるかのとうなフクロウ…大きく羽を広げるフクロウ…羽を休めているようなフクロウ…

中には夫婦のフクロウもいたりして、個性豊かでどの作品もとても可愛らしく仕上がりました。

まさしく『芸術の秋』にぴったりな作品ですね!

 

芸術療法は月に2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

 

 

2022.08.04更新

7月の芸術療法・音楽療法の様子

7月の芸術療法は約4年振りに音楽療法のプログラムを行いました。

久しぶりの音楽療法ということもあり、たくさんの方が参加してくださいました。

音楽療法ではフェイスシールドで感染対策を行いながら、ハンドベル、マラカス、鈴などを楽器を使いながら楽しく歌を歌ったり…

現在放送中の朝ドラの中でも歌われている『てぃさぐぬ花』をはじめとした、歌謡曲、唱歌、懐メロ、シャンソンなど思い出とともに楽しみました。

 

 

芸術療法は月に2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

2022.07.28更新

芸術療法~参加者様の作品紹介①~

毎月、季節に合わせた様々なプログラムを行っている芸術療法ですが、早いもので当院で芸術療法を始めてから4年経ちました。

最近ではとても嬉しい事に、ご自宅で芸術療法のプログラムを再現されたり、芸術療法の作品をご自宅でグレードアップされたりする参加者様が増えてこられました。

実際にご自宅で作られた作品をお持ちいただいたのでご紹介します。

 

 

まずは今年4月開催のプログラム『花の立体カード』の作品をご紹介します。

芸術療法ではデザインペーパーを使って立体のお花を作りましたが、こちらの作品は布を切って作られています。

布で花を作る際はほつれの処理など、紙で作るよりはるかに手間がかかるそうですが、強度があり、とても華やかな出来栄えです。

和柄の布もとても素敵です。

 

次に5月のプログラム『団扇に青梅を描く』の作品のご紹介です。

このプログラムではにじみ絵の技法を用いて梅の実を作り、和紙などとともに白い団扇を彩りました。

詩を添えていただいたり、梅の実に陰影を描き込まれていて、団扇として使うには勿体無いほど、素敵な作品になりました。

団扇の裏面にも梅の実の絵を、しっかりを書き込まれています。

 

素敵な作品を見せていただき、本当にありがとうございました!

芸術療法はこれからも様々なプログラムを行っていきます。

ご自宅でも素敵な作品が出来上がりましたら、是非、芸術療法にご参加いただく際にお持ちくださいね。

2022.07.28更新

6月の芸術療法の様子

6月の芸術療法の様子をご紹介します。

6月の芸術療法では『鉛筆のアナログ画』というプログラムで4B~3Hの濃度の違う鉛筆を使ってアートな作品を描きました。

 

曲線を描いて仕切ったスペースに思い思いに模様を描いていきます。

細かく模様を書き込んだり、鉛筆を横に寝かせて塗りつぶしたり…

それぞれ個性豊かな作品ができあがりました!

今回のプログラムでは、当院の芸術療法の参加者の中では最高齢、95歳になられる方もご参加されました。

とても力強いタッチでしっかりと描き込まれていました。

 

芸術療法は毎月2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

2022.06.06更新

5月の芸術療法の様子

5月30日に実施された芸術療法の様子をご紹介します。

5月は『団扇に青梅を描く』というプログラムで、にじみ絵の技法を用いて、これから夏を迎える今の季節にピッタリな団扇を作成しました。

厚手の半紙に水で薄めた絵の具をスポイトを使って何色か垂らしていくと…

 

素敵なにじみ絵が生まれます。

お好きなにじみ絵の部分を使って、黒や茶色で梅の輪郭を描き、輪郭に沿って切り取ると、可愛い梅が完成しました!

作業そのものはとても簡単で楽しく取り組むことができましたが、思い通りのにじみを出すをはなかなかコツが必要なようでした。

初夏らしい、爽やかな色味の団扇が完成しました!

本格的に暑くなり、団扇を使う季節が待ち通しいですね。

 

芸術療法は毎月2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

2022.05.16更新

4月の芸術療法の様子

4月の芸術療法では『花の立体カード』を作成しました。

花の立体カードの立体になるお花の部分は様々な色や柄のデザインペーパーをハサミで花びらの形に切り抜き、スティックのりで貼り合わせて作ります。

 

シンプルな作業のようですが、花弁のパーツを立体になるように張り合わせるのは中々コツが必要なようです。

 

出来上がったお花をメッセージカードに貼り付けて、広げると…

まるで花が開花するときのように、紙で出来たお花がふわりと広がる素敵なカードが出来上がりました。

 

芸術療法は毎月2回、季節に沿った様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

 

2022.03.17更新

3月の芸術療法の様子

3月の芸術療法では季節をちょっと先取りした桜をモチーフとした作品『桜の屏風絵』を制作しました。

桜の屏風絵は墨汁や水彩絵の具を用いて、春らしい風景を描きました。

 

背景を淡い色で塗ったら、墨汁で古木らしい太くてゴツゴツした幹や力強い枝ぶりを描いていきます。

幹や枝が完成したら、スポンジにピンクや白の絵の具をつけてポンポンとスタンプを押すように満開の桜の花を描きました。

今回のプログラムでは「絵を描くことが苦手」と仰られる方もとても楽しそうに参加されていたのが印象的でした。

完成した作品がこちらです。

一足お先に、春の風景ができあがりました。

今年は寒い冬が長く続いたので、桜の花が咲き乱れる、暖かい春の訪れが本当に待ち遠しいですね。

 

 

芸術療法は毎月2回、様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

 

2022.03.02更新

2月の芸術療法の様子

2月の芸術療法では昨年3月に実施し、大変ご好評をいただいていた『貝合わせ』のプログラムを約1年振りに行いました。

貝合わせとは、平安時代から歴史がある物で、かつては貴族の姫君達の遊び道具として、また蛤の貝殻は元々の対でないと絶対にかみ合わないことから「夫婦円満」の象徴とされ、姫君達の婚礼道具として最も重要な一品であったそうです。

桃の節句の控えた今の季節にピッタリなプログラムですね。

 

今回の芸術療法では、作品の制作に入る前に、寒さで凝り固まった体をほぐす、簡単なストレッチから始まりました。

貝合わせの制作は内側を金色または銀色に塗られた蛤を選ぶ事から始まります。

2年連続でご参加いただいた参加者の方の中には「昨年は金色の蛤を選んだので、今年は銀色の蛤にしようかしら」と楽しげにお話されていた方もいらっしゃいました。

図案を熟考したら、下絵を描き、細筆で慎重に色づけをしていきます。

皆さん、作業にとても集中されていて、あっという間の2時間でした。

素敵な作品が仕上がりましたね!

この時期らしい、お雛様や梅の花を描かれた方が多いのが印象的でした。

 

合わせて、昨年、制作された作品もご紹介します。

昨年は春の植物や、浮世絵や蒔絵物をモチーフにされていた方もいらっしゃいました。

貝合わせは皆さんとても拘って作りこまれるので、スタッフとしても毎回どんな素敵な作品ができあがるのか、とても楽しみです。

 

芸術療法は毎月2回、様々なプログラムを行っています。ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

2022.02.28更新

1月の芸術療法の作品が完成しました

みなさん、こんにちは。

本年1月の芸術療法では外部から講師の方をお招きし、陶芸のプログラムを実施しました。

芸術療法で作成した陶芸の作品が、焼成を終えて戻ってきましたので、ご紹介いたします。

(1月の芸術療法の様子はこちら

お湯のみやマグカップ、動物の置物(寅年なのでトラの作品を作られた方が多くいらっしゃいました)…など、個性豊かで素敵な作品が仕上がりました!

陶芸のプログラムには当院スタッフも参加し、陶芸を作成しました。スタッフの作品はしばらく院内に展示しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

 

芸術療法は毎月2回、様々なプログラムを行っています。

ご興味がある方は是非、当院受付までお問い合わせください。

※芸術療法は感染対策の兼ね合いで、以前よりも少人数体制で実施しているため席数に限りがあります。また県内の新型コロナウイルス感染者状況によっては、急遽中止させていただくことがございますので、予めご了承ください。

 


SEARCH


ARCHIVE


  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 公式LINEアカウント
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ
pagetop